相続新聞について

 

相続新聞は、
円滑に相続を終えるための
サポートメディアです。

日本は超高齢化社会を迎え、2016年 130万人であった死亡者数は、2040年にはピークの167万人まで増加すると予測されています。

相続は主に時系列で3つに区切ることができます。

生前対策

● 相続税対策や遺言書の作成をはじめとして、生前での準備です

相続手続き

● 年金や保険、不動産に銀行手続きなど、細かいものも含めると100種類以上あると言われている手続きです

資産運用

● 親から受け取った資産をどう活かすかという問題です。相続資産の総額は約50兆円と言われておりますが、そのうちの7%しか運用されていないのが現状です。

このように相続は、それぞれのご状況に合わせたタインミングで「考える(=話し合う)こと」が重要です。

また、相続は「法律に関する知識」「税務に関する知識」などが必要になってくるため、難しいと思われがちです。

しかし、相続はご家族の将来などを考える上でも非常に重要な出来事であり、人任せではいけません。

相続新聞では、相続について考える人、実際に手続きを行う人が、少しでも学びになるようなサポートメディアを運営したいと考えております。