離婚後に相続が発生。元妻(夫)は財産を相続することができるのか?

法定相続

略歴
立命館大学卒業2011年、税理士登録。税理士登録番号は118275。2012年 東京都港区益本公認会計士事務所(現税理士法人総和)にて資産税対策専任。2015年 千葉県税理士会登録。千葉県税理士会松戸支部広報部員。

主な取扱分野
相続税対策 / 資産税対策 / 税務申告業務 / 法人保険 / 会社設立 / キャッシュフロー対策 / 事業承継 / 宅建主任者

 

離婚した夫婦において、元夫(妻)の相続発生時に、財産を受け取る権利はあるのでしょうか?
稿では、相続が起こった際の法定相続の順位や、離婚をした相手の相続権について解説します。


被相続人=資産を残す人=亡くなった方
相続人=資産を受け継ぐ人=配偶者、子供、親せきなど


1.法定相続について

法定相続という言葉はご存知でしょうか?

冒頭で相続が起こった際に「財産を受け取る権利は誰にでもある訳ではありません」と説明しましたが、財産を受け取れる権利を持っている人は民法によって定められており、それを法定相続人と呼びます。

法定相続人には2つの条件があります。

  1. 相続発生時(被相続人が亡くなったタイミング)に生存していること
  2. 配偶者以外は血族であること

です。

親族は血族と姻族に分けられますが、簡単に説明すると、被相続人の子供、親、兄弟が血族にあたり、それ以外の親族は姻族となるため法定相続人にはなりえません。

2.元妻(夫)は法定相続人にはなれない

まず、当たり前ですが、元妻(夫)は配偶者ではありません。

また元妻(夫)は血の繋がりもないので、血族にもなりません。

そのことから、元妻(夫)は法定相続人になることはできず、相続財産を受け取ることはできません。

つまり。

● あなたに元妻(夫)がいる場合、あなたが亡くなってもその財産が相手に渡ることはありません
● あなたに別れた妻(夫)がいる場合、相手が亡くなった時、あなたがその財産を受け取ることはできません

ということになります。

3.元(夫)との間の「子供」には相続権利がある

前章では、元妻(夫)は法定相続人にはなる事ができないと説明しました。 

では、「元妻(夫)との間にできた子供」についてはどうでしょうか?

子供は、たとえ親が離婚していても、父(母)親と血族の関係にあるので、法定相続人になる事ができます。

つまり、

● あなたに元妻(夫)がいて、その間に子供が居る場合、あなたが亡くなった後、元妻(夫)との子供にも資産は渡ります
● あなたに別れた夫(妻)がいて、その間に子供が居る場合、その子供には元夫(妻)の財産を受け取る権利があります

4.元妻(夫)との間の「子供」に相続させたくない場合

では、たとえばあなたが被相続人だとして、別れた妻(夫)との間にできた子供に相続財産を分け与えたくない、という場合、どのようにすれば良いのでしょうか。

その場合、遺言書に記載しておくと良いでしょう。

遺言書に「元妻(夫)との間の子供」には財産を与えない旨を記載しておくのです。

そうすれば、元妻(夫)との間の子供が、あなたの財産を相続することはできません。

遺留分を忘れないように!

遺言書を準備することで、元妻(夫)との間の子供に、相続させない事が可能と説明しましたが、遺留分を忘れてはいけません。

前述の通り、元妻(夫)との間の子供は、血族関係にあるため、法定相続人になりますが、法定相続人には「最低限保証される相続割合」が存在します。それを遺留分と呼びます。

つまり、あなたが元妻(夫)との間の子供に相続させたくないからと言って、遺言書にその旨を記載をしても、その子供の遺留分だけは相続出来る事となるため注意しましょう。

5.再婚相手の「連れ子」はどうなるのか

本稿の趣旨とは少しズレますが、最後に再婚相手の「連れ子」の相続について少しご説明します。

もう既にお分かりだとは思いますが、再婚相手の連れ子は血族には当たらないため、法定相続人にはなり得ません。

よって、相続財産を受け取る事ができません。

しかし、仮にあなたが「再婚相手の連れ子」にも、相続をさせてあげたい場合は、以下の方法を行うと良いでしょう。

養子縁組を実施する

血が繋がっていない子供は、法定相続人になれないと説明してきました。

なのであれば、再婚相手の連れ子もと養子縁組を実施することによって、子供にしてしまえば良いのです。

養子になることで、例え血の繋がりのある子供でなくても、法定相続人になる事ができます。

遺言書に記載しておく

再婚相手の連れ子に相続させたい場合は、遺言書にその旨を記載しておきましょう。

しかし、先ほども述べた通り、再婚相手の連れ子は法定相続人では無いので、本来の法定相続人である配偶者や、実子が存在していればその人たちの遺留分は保証されます。

よって、再婚相手の連れ子に100%の財産を相続をさせることはできないので、覚えておきましょう。

まとめ

本稿では、離婚した場合、元妻に相続する権利はあるのかということについてお話ししてきました。

重要なポイントは、

  • 血族でない場合、配偶者以外は法定相続人にはなれない
  • 遺言で指定しておくと財産を受け取る事ができるが、法定相続人の遺留分は保証される
  • 養子縁組をする事で、法定相続人になる事ができる

などでしょうか。

略歴
立命館大学卒業2011年、税理士登録。税理士登録番号は118275。2012年 東京都港区益本公認会計士事務所(現税理士法人総和)にて資産税対策専任。2015年 千葉県税理士会登録。千葉県税理士会松戸支部広報部員。

主な取扱分野
相続税対策 / 資産税対策 / 税務申告業務 / 法人保険 / 会社設立 / キャッシュフロー対策 / 事業承継 / 宅建主任者